« 遠隔テクノロジー 2 | トップページ | 遠隔テクノロジー 4 »

2019年1月11日 (金)

遠隔テクノロジー 3

遠隔テクノロジー 3


被害妄想の定式を前回述べた。それは簡単に言えば、被害者が加害相手をどのように妄想しているかだ。


≪被害妄想の定式≫


「加害相手は○○○、加害相手は自分の●●●にかかわっている。だから、加害相手の目的は自分の●●●にかかわっているから、私を■■■にしようとしている。」


解題すれば、被害者が加害相手を自分にかかわりあると妄想していることである。ーーー本当の加害相手は遠隔に存在するだけだが。


≪被害妄想の定式を根拠づける定式≫


「◎◎◎の加害は、あの人の家の方向。だから、あの家から声を聞かせている。」

「◎◎◎の仄めかしをされた。その人は私の○○○、だからこの加害は私を■■■しようとやっている。」

「◎◎◎の加害は、私が×××しているときに限ってやっている。だから、私に対して加害しているものだ。」

「◎◎◎の声は、私の×××の喋り方。間違いなく私を■■■しようとやっている。」

「◎◎◎の話の内容は、加害側の内部状況、洩れているようだ。加害相手は、×××を■■■して私に○●●の加害をやっているのだろう。」


ここで肝心な点は、加害相手が身近にいることを加害されながら判断していることだ。ーーー根拠が加害にあることを示す。


≪加害方法≫


多くの被害者は加害方法が人的な行為やよく知られていない技術を使った方法などを考えている。


加害方法は、遠隔からの神経コントロールと神経モニターを手段にして、マインドコントロールすることにある。


だから加害方法はマインドコントロールであると極言できる。


マインドコントロールとは、人の精神状態を普通の状態から被害妄想を取り込んだ被害意識の状態にするということである。ーーーコントロールという言葉は、加害側の意図を示す。


被害妄想を取り込んだ被害意識は、要するに、妄想上の加害相手や加害目的を意識することである。


加害組織は、妄想上の加害相手や加害目的をターゲットに意識させることでターゲット被害者に無関係の第三者への行動・言動を起こさせ
現実的な状況をターゲット被害者に作り出させるということである。ーーー要は、加害に対して行動と言動を行えば、無関係の第三者などに対する行動・言動となり、事態は、現実的な関係を被害者が作り出すことである。


被害者の無関係の第三者に対する行動や言動は、加害の事実を周りに訴えたいからであろうと、加害相手に対する報復・抗議であろうと、警察に突き出してやろうとする目的であろうと差異や区別はない。


被害者は加害に対して行動を起こす時、被害者の性格や考え方に沿ったものだから、人による違いはある。


加害方法はターゲットにされた被害者の性格や考え方を利用し、
その被害者が被害環境を現実に作り上げるように仕向けるともいえる。ーーーというのは、加害相手は遠隔に存在し、被害を実感する出来事は、被害者に感覚を生成したものに過ぎないからである。


こうして被害状況は、現実味を帯びるようになる。



≪加害の目的≫


加害の目的は、今のところ私が推定するものは、一度作り上げた技術の演習による継続使用とさらなる研究開発のためだと考えている。


一度狙われた被害者は、継続して加害され続けることの理由にもなる。


一度作り上げた技術の演習というのは、作り上げた物を使わずそのままにしておくわけではないという意味だ。


研究開発を目的とすれば、ターゲット数を増やすよりも、継続していろいろな項目を追跡調査・分析するのが普通だからである。ーーーもっとも、「丸太」(731部隊のような実験体のような意味で)がストレス障害になると目的に都合悪い可能性があるかも。


加害組織が終局的に何を目的にしているかはわからないが、まだまだ研究開発の余地のある技術と考えれば、一般人をターゲットにするのは普通だろう。言い換えると、どこかの国で開発されたとしても、まだまだ実験・研究・開発段階ということで、CIAやFBIのようなところに実用化されていないという意味である。





被害者が集団的なストーカーを意識するのは、被害初期の被害経験に基づく
ストレス障害も考えられる。


≪ストレス障害になった被害者≫


ストレス障害になった被害者は、日常のいろいろな出来事に加害を意識する。だから、近くにいる人が咳ばらいをしただけでも咳払いした人を加害者とか加担者とか、要するに被害妄想に基づく被害を訴えるようになる。


つまり、加害組織は、ターゲットにした被害者をストレス障害になるまで加害したということである。


ストレス障害になるのは、本人にとって「強い精神的衝撃を受けることが原因」である。


例えば、近隣の騒音のような加害パターンは、加害組織が「幻聴」をターゲットに作り出し、ターゲットに近隣からの騒音を意識させるとともに被害を意識させ、近隣からの騒音という判断をターゲットに誘導する。


ターゲットは、聞こえる感覚に基づいて状況を判断するから、疑い余地がない状況に何の疑問を持たずに騒音を出す人に行動を起こす。むろん、人の性格によっては我慢する場合もあるが、我慢しない性格のターゲットを狙えば、当然近隣に苦情以上の行動と言動を起こす。


つまり、そうした行動で被害者は
「強い精神的衝撃を受ける」。考えられる状況の一つは、相手に対して赤っ恥をかくことだ。訴えが相手に受け入れられないことではなく、相手が否定することでもなく、訴え自体が精神病と思われるような状況になるからである。


近隣騒音パターンでは、近隣だけでなく警察も介入する状況にもなりやすい。


証拠として提示した騒音の録音が
「でっち上げ」になってしまえば、「強い精神的衝撃を受ける」。


ターゲットにされて幻聴を作られて、本物の音や声だと思って無関係の第三者に行動したが、「強い精神的衝撃を受ける」のは当然の結果になる。


外見的には、無関係の第三者に行動・言動するターゲット被害者は、「統合失調症」と診断される状態に見える。なぜなら、「強い精神的衝撃を受ける」ことが原因でストレス障害と同じになりやすいからである。


そして、加害組織が被害者をターゲットから外した後でも、その被害者にストレス障害が残っている限り、たわいのない日常に加害を訴えるようになる。


≪ターゲットから外されると?≫


それは想定に過ぎないが、
被害初期のような加害方法がなくなり、日常で加害相手を不特定多数感じるようになっている状態だろう。


加害方法は、被害初期では、その加害方法が相手がやる気になって実行していることが分かるものが多い。加害されていると実感する。


そのほか、声が聞こえるという点では、身近な人からのほのめかすような声から姿の確認できない声や被害初期から比べてかすかな声になっている場合など声や音が聞かせてきたものだと思うものがある限り、その都度加害しているとみていいだろう。


私のような被害タイプは、何年たってもターゲットから外される気配がないが、時間限定、条件限定で今も明確な加害が継続している被害タイプもあれば、頻度がかなり減少しているタイプまでいろいろあると思う。



ターゲットから外されるのは、それ以上続けても価値がないからだろうと思う。


とはいえ、ターゲットにされて一度ストレス障害になってしまえば、ターゲットから外されていても、殺人などの衝動は否定できないだろうと考えられる。


人は、人によってストレス許容度、精神的な衝撃に対する許容度が異なる。許容範囲が狭い人ほど、おそらくは集団ストーカータイプで加害レベルがとどまると考えられる。


≪加害方法と被害者の性格・能力・度量≫


ターゲットにされる被害者の性格などは加害方法に関係する。私のように精神的な衝撃の許容度が大きいといろいろな加害方法をやられる。


だが、人によっては、精神的に弱い人もいる。それでも、加害組織はぎりぎりのレベルまでやると考えている。


集団ストーカータイプのような近隣の騒音という被害タイプで言えば、時期が過ぎるとテクノロジータイプの加害方法を受けるようになったりするパターンがある。そのようなレベルアップのタイプの被害者は、テクノロジータイプの加害方法を後で気が付く場合もあるようである。



ターゲットにされた時はよろしく!

 

============================
メインブログ
アメーバー     https://ameblo.jp/push-gci/

主なカテゴリーのリンク


被害初期      https://ameblo.jp/push-gci/theme-10106688349.html
遠隔テクノロジー 1 https://ameblo.jp/push-gci/theme-10089643457.html
遠隔テクノロジー 2 https://ameblo.jp/push-gci/theme-10105528883.html
遠隔テクノロジー 3    https://ameblo.jp/push-gci/theme-10107065029.html
覚書        https://ameblo.jp/push-gci/theme-10106680185.html
コメントスパマー  https://ameblo.jp/push-gci/theme-10104874567.html

コピーブログ
アメーバー     https://ameblo.jp/papa-quebeck/
FC2         http://keyhole276p3mhz.blog75.fc2.com/
ライブドア     http://blog.livedoor.jp/push_gci/

一部のコピーブログ
シーサー      http://push-gci.seesaa.net/
グー        http://blog.goo.ne.jp/push-gci
ジュゲム      http://papa-quebeck.jugem.jp/
ココログ      http://papa-quebeck.cocolog-nifty.com/blog/

« 遠隔テクノロジー 2 | トップページ | 遠隔テクノロジー 4 »

遠隔テクノロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠隔テクノロジー 2 | トップページ | 遠隔テクノロジー 4 »